スナック・キャバクラなどの開業に必要な風俗営業2号許可申請はお任せください

風俗営業許可の種類

風俗産業は風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)上は風俗営業と性風俗営業に分けられています。
風俗営業は風営法上下記の8つの種類に分類されており、いずれも開業するためには、都道府県の公安委員会から営業許可をもらわないと営業できません。
仮に営業許可を受けずに営業し、それが発覚した場合は2年以下の懲役、もしくは200万円以下の罰金となります。

 

1号営業

キャバレー

2号営業

料理店、スナック、キャバクラ、バー

3号営業

ダンス飲食店

4号営業

ダンスホール

5号営業

低照度飲食店

6号営業

区画席飲食店

7号営業

パチンコ、麻雀店

8号営業

ゲームセンター

 

 

スナック開業のための必要な条件

風営法で最も申請件数の多い、スナック開業を例に、必要な条件等についてお伝えいたします。

 

スナックを開業するには、2号営業許可を取る必要があります。許可を取得するために必要となる資格はありませんが、風営法4条1項に欠格事由が明記されており、これに該当すると営業の許可は下りません。

風営法4条1項の欠格事由
  1. 成年被後見人もしくは被保佐人、または破産者で復権をしていない者
  2. 1年以上の懲役もしくは禁錮の刑に処せられ、または公然わいせつ罪や淫行勧誘罪などの風営法4条1項2号で列挙する罪を犯して1年未満の懲役もしくは罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過していない者
  3. 集団的、常習的に暴力的不法行為を行う恐れのある者
  4. アルコール、麻薬、大麻、あへんまたは覚せい剤の中毒者
  5. 風俗営業の許可を取り消されて5年を経過しない者
  6. 法人の役員、法定代理人が上記の事項に該当するとき

 

スナック開業のための施設の制限

営業所(店舗)の制限
  • 客室の床面積は16.5平方メートル以上(和風は9.5平方メートル以上、1室の場合は制限なし)であること
  • 営業所(店舗)外部から客室が見えないこと
  • 客室に見通しを妨げる設備がないこと
  • 善良な風俗等を害するおそれのある写真、装飾等の設備がないこと
  • ダンスをする踊り場がないこと
  • 客室の出入り口に施錠の施設を設けないこと(ただし外に直接つながる出入口は施錠の施設を設けてもかまわない)
  • 条例による照明の照度の規制
営業所(店舗)の立地制限
  • 都市計画法上の用途地域による制限にかからないこと(下記参照)
  • 学校、幼稚園、病院などの保護施設から一定の距離があること
  • 賃貸物件で営業する場合、賃貸人の承諾があること
  • その他条例、建築基準法、消防法による制限対象にかからないこと
  • 条例による騒音・振動に対する規制

 

スナックが開業できない都市計画法上の用途地域

  • 第1種低層住居専用地域
  • 第2種低層住居専用地域
  • 第1種中高層住宅専用地域
  • 第2種中高層住宅専用地域
  • 第1種住居地域と第2種住居地域
  • 準住居地域

また、上記以外の区域であっても都道府県が定める条例によって開業が規制されている区域もあります。

 

スナックの営業時間

営業が可能な時間は日の出から翌日午前0時までとなります。

 

スナックを開業するにあたって必要な許可、及び提出書類

スナックを開業するためには一般的に風営法の許可と飲食店営業許可が必要になります。
スナックの場合、お客さんに対してお酒や料理を提供するため、飲食店営業許可も必要になります。

風営法の許可を受ける際の必要提出書類
  1. 許可申請書
  2. 営業の方法を記載した書類
  3. 営業所についての賃貸借契約書(使用承諾書)と建物についての登記事項証明書等
  4. 営業所の平面図と営業所周囲の略図
  5. 住民票(本籍記載のもの。日本国籍を有しない者は、外国人登録証明書)の写し
  6. 市区町村長の身分証明書
  7. 成年被後見人など登記されていないことの証明書
  8. 誓約書
  9. 定款、法人についての登記事項証明書(営業者が法人の場合)
  10. 役員についての上記5〜8の書類(営業者が法人の場合)
  11. 管理者についての上記5〜8の各書類、写真

 

飲食店営業許可を受ける際の必要提出書類
  1. 営業許可申請書
  2. 営業設備の大要・配置図
  3. 食品衛生責任者の資格を証する書面
  4. 登記事項証明書(法人申請の場合)
  5. 水質検査成績書(貯水槽や井戸水を使用する場合)

飲食店営業許可を受けるためには、食品衛生責任者の資格が必要になります。

 

飲食店営業許可の詳細はこちら飲食店営業許可について

 

 

当事務所のサービス内容

風俗営業2号許可申請をお客様に代わって当事務所が行います。

 

1.お申込み、もしくはお問い合わせ
メール、もしくは電話にてご連絡をお願いいたします。
お申込みの前に確認しておきたいことなどがある場合、遠慮なくお尋ねください。

2.ご相談
営業をしようとしている業種、建物の間取り・面積などについてお伺いをさえていただきます。
ご希望であれば、当事務所で業務を行う場合のお見積りを作成いたします。

3.着手金のお支払
業務をご依頼される場合、着手金として当事務所の報酬の半額のお振り込みをお願いいたします。
入金が確認でき次第、業務に着手いたします。

4.打ち合わせ
直接、お会いして打ち合わせをさせていただきます。基本的にはこちらから風俗営業許可申請、もしくは深夜酒類提供飲食店営業届出を行うのに必要な項目を順にお伺いしていきます。お客様は営業予定の店舗の図面をご用意お願いいたします。
また、お客様ご自身において集めていく書類についてもリストでお渡しさせていただきます。。

5.施設の測量
図面作成のため、施設の寸法を測ります。

6.書類の作成、及び必要書類の収集
当事務所で申請書、及び図面を含む付随書類を作成いたします。
また、必要書類の収集も行います。

7.書類の完成、及びご捺印
当事務所が作成した書類をご確認いただき、捺印をしていただきます。

8.公安委員会への提出
当事務所が管轄の公安委員会へ申請書、もしくは届出を提出いたします。
風俗営業許可は提出より55日を目途に許可がおります。(途中で現場の確認があります)
深夜酒類提供飲食店営業は届出後、10日経過後より午前0時以降の営業も可能になります

9.現場の確認(風俗営業許可申請のみ)
公安委員会の現場確認にも立ち会います。

10.営業許可証の発行
風俗営業2号許可は提出より55日を目途に許可がおり、営業許可証が発行されます。

11.報酬、及び実費の精算
当事務所の報酬残額、立替金の精算を行います。

12.アフターフォロー
各種変更届けなど、営業開始後に発生してくる各種手続きについても対応しております。

 

 

当事務所に風俗営業2号許可申請を依頼する5つのメリット

  1. 図面を含む許可申請書一式の作成を当事務所が代行します!
  2. 関係する法令、条例等についても当事務所がお調べします!
  3. 営業可能な地域かの周辺調査も当事務所が行います!
  4. 公安委員会との事前打ち合わせ、書類提出の代行、現場確認時に同席をいたします!
  5. 設立後の諸手続きも対応なので安心!

 

風俗営業許可申請代行料金はこちら → 風俗営業許可申請代行料金

 

専門知識が必要になる風俗営業2号許可申請は、専門家にお任せすることで安心して許可を取得することができます!

 

 

 

初回のご相談は無料です!

 

まずは初回の無料相談をご利用ください。ご相談をされたからといって、無理に業務依頼をせまるようなことはいたしませんのでご安心してご利用ください。

 

電話:0574-48-8590 メール:info@ooguchi.net

 

相談

メール相談は24時間受付中!

 

行政書士大口事務所

 

代表者 大口剛弘(おおぐち たかひろ)
事務所所在地 岐阜県可児市下恵土1315番地4
      (駐車場完備)
電話番号 0574−48−8590
FAX番号 0574−48−8591
営業時間 9時〜18時00分 日曜、祝日休み